桜島の噴煙が穏やかに流れる、静かな朝(2015年5月22日)

スポンサーリンク

※地元・鹿児島県民の筆者がこの記事を書いています。

This post is also available in: English

連続大噴火の後の静けさ
昨日は桜島が何度も活発な爆発を見せました。
そのうち大きな噴火が2回発生して、その噴煙は4,000メートルもの高さまで上がりました。
このビデオは朝起きたばかりの時間に撮影したものです。
噴火活動はいったん落ち着きを見せ、細く長い噴煙が火口からたなびいています。

 

桜島の豆知識
桜島は二つの農作物で有名です。
ひとつは「桜島大根」です。これは世界で一番大きな大根なんですよ。
また、世界で一番ちいさなミカン「桜島小ミカン」でも有名です。
2015-03-17_2047271421015581064sakurajima mikan

 

変わり行く町並みと変わらぬ活火山
動画の右側には、建設用のクレーンがあります。
私の近所では最近は鹿児島市立病院という新しい病院ができました。
近くには大学もあり、建設業者がひっきりなしにマンションやアパートを建設しています。
鹿児島市は絶えず町並みが変わっています。桜島だけの勇壮な姿だけはいつの時代も変わりません。
桜島は年齢25,000年の大先輩です。これからも優しく私たちを見守っていてほしいです。

タイトルとURLをコピーしました