鹿児島へ旅行に行こう!

生駒高原でりんご狩り!秋の味覚を楽しもう!

秋を楽しむなら、やっぱり「りんご狩り」!

2015912晴天☀️  りんご狩り_3315

鹿児島を少し離れて、生駒高原に「りんご狩り」に行ってきました!

秋を満喫できました!両親と嫁さんと合計4人で秋の味覚を堪能してきましたよ♪

Sponsored Link

 

生駒高原りんご園への行き方

2015912晴天☀️  りんご狩り_7547

鹿児島から九州自動車道を北上し、えびのジャンクションで宮崎自動車道に乗り換えます。「小林IC」で高速道路を降りて、わずか5分の場所に「生駒高原りんご園」がありますよ。

鹿児島市から約2時間くらいで到着しました。秋空の下のドライブは最高!

 

りんごの種類

8月から11月にかけて、それぞれの時期に応じたりんごを収穫できます。少なくとも3~4種類は楽しめると思います。私たちは9月の半ばに行ったのですが、シナノスイート、秋陽(しゅうよう)、陽光、津軽などの種類がありました!それぞれ酸味や甘さなど、微妙な違いがあります。(どれも美味しいです)

下の写真は丸々と大きな秋陽です。

2015912晴天☀️  りんご狩り_3633

写真では伝えられないのですが、甘酸っぱい香りがムンムン漂ってきています!私の一家の大好きな津軽は残念ながら季節を過ぎてしまったらしく、ほとんど残っていませんでした(泣)。

 

りんごの選び方

園内で一人につき一個まで試食ができるので、好きなリンゴを探してみましょう。

2015912晴天☀️  りんご狩り_8229

久しぶりに皮をむいてみましたが、難しい・・・。嫁さんに笑われました。><

ちなみに料金ですが、収穫した種類に関係なく、1キロ(4~5個)あたり900円です。

 

ブログ主のおススメりんごは?

我が家のお気に入りはシナノスイート!

2015912晴天☀️  りんご狩り_4377

私の父はシナノスイートを気に入って、カゴの半分以上がシナノスイートでした(笑)。他のりんごと比べて甘くて、酸味が少なめです。りんごなのに、桃のように薄いピンク色をしています。

 

たわわに実るりんご

2015912晴天☀️  りんご狩り_9302

一本の木に対して、恐ろしいくらいたくさんのりんごの実が生っています! りんごの木が自分の家の庭に一本でもあったら、どんなに素敵でしょう・・・。

しかし、ここまで育てるのは管理が大変なんだろうなあ。

 

りんごのもぎ方

2015912晴天☀️  りんご狩り_453

特殊な収穫用の道具を使うのと思いきや・・・。

写真のようにつかんで、枝の上のほうにクルッと回転させます。

すると、すごくカンタンにとれますよ~♪小さなお子様やお年寄りも気軽に楽しめます。

ただし、枝を傷つけないように、実だけ取るようにしましょう!

 

高い場所にあるりんごの実はハシゴを活用!

2015912晴天☀️  りんご狩り_3205

高い位置に生っているりんごは、木のそばにあるハシゴを利用します。スリリングで楽しいです!

足場をしっかり固定してからハシゴをつかいましょう!

低い場所のリンゴは取りやすいので小ぶりですが、高い場所のリンゴはでかい実が多かったです!

 

 

秋の思い出つくりに最高!

 2015912晴天☀️  りんご狩り_964

自分で取ったりんごはとても美味しいです。

小さい子どもはきっとりんご狩りに夢中になると思います。

かく言う34歳の私も夢中になってしまいました!

 

りんご狩りの感想

2015912晴天☀️  りんご狩り_2731

秋の澄みきった青空に映える赤いりんごが美しいです!グレート!かなり良い気分転換になりました。

鹿児島からは2時間の少し長いドライブでしたが、素敵な家族団らんの時間を過ごせました!ぜひまた遊びに来たいです!

たくさん美味しそうなりんごがカゴいっぱいに取れましたよ!

2015912晴天☀️  りんご狩り_5426

 

 

番外編(おまけ)

りんご園の入り口近くにキウイが生っていました!

う、うまそうだ!!!

2015912晴天☀️  りんご狩り_466

しかし、係員さんにたずねたところ、このキウイは自家消費用で売り物ではないとのこと。

ああ、食べたかった~!!!


~ Read More ~


宿泊(BOOK HOTEL)

レンタカー(RENT CAR)
Sponsored Link

関連記事

鹿児島観光ブログについて

鹿児島観光ガイドブログにようこそ!

当ブログでは、鹿児島の魅力的な観光情報を国内外に発信しています。
夫婦でのんびり楽しく更新しています。
鹿児島の観光動画も作っています。チャンネルにご登録ください。

鹿児島観光チャンネル
鹿児島食べ物チャンネル
桜島チャンネル


メールはこちら

関連記事