鹿児島へ旅行に行こう!

佐多岬の水中展望船「さたでい号」に乗ってみた!~日本初の海中公園を大冒険!~

佐多岬では船底から海中の世界を探検することができます!実は佐多岬周囲の海は「佐多岬海中公園」として、日本で最初に海中公園に指定されたほど、美しい海底が広がっています。カラフルなサンゴの周りを、いろんな種類の魚が泳ぐ様子は、まさに非日常の別世界!私はウミガメを2回も見つけることができました!

Sponsored Link

待合所に到着

運行しているかどうかは、その日の天候によっても左右されますので、事前に問い合わせをしたほうが無難だと思います。

さたでい号の案内所です。奥には「さたでい号」が見えます。

さたでい号

ここでチケットを買います。ちなみに、乗船券は大人2,000円 、子供1,000円、学生1600円となっています。

ちなみに、待合所では、サンゴなどのお土産品も販売されていて、簡単な軽食をとることもできるようです。

さたでい号待合所

こちらがチケットです。どんな世界が待っているのかワクワクです♪

乗船券

待合所で撮影した「さたでい号」の運行時刻表です。だいたい50分おきに運行しているようですね。^^

さたでい号

外海なので船が揺れるかもしれないと思い、いちおう酔い止めを服用しました。

酔い止め

乗船時間は30分ぐらいなので、今思えば眠たくなるし、飲まなくてもよかったのかな~、と思います。

赤ちゃんと嫁さんは待合所でお留守番です。自分だけ楽しんできて申し訳ない・・・!

赤ちゃん

いよいよ「さたでい号」に乗船です!青い海がとってもキレイです。天気に恵まれていて本当によかった。

さたでい号

いよいよ船旅へレッツゴー!乗客は自分たちも含めて8人ほどでした。

乗船の様子

船の底はガラス張りになっていて、海底を見ることができます。

さたでい号

船が走り出しました。この日はあまり透明度がよくなかったのか、少し白く濁っているような感じです。

それでも何枚か海底のサンゴのカーペットの様子を撮影できましたので、どうぞ♪

サンゴ

写真で見るより実際に目で見るほうがキレイです。ときどき小さな魚の群れがスッーと横切っていきます。癒されますね~♪

さたでい号

うまく撮影のタイミングを逃したのですが、2回ほどカメがすーっと泳いでいるのを目撃できました。まるで「浦島太郎」の竜宮城を連想させました。とっさにカメラを構えたのですが、すでにカメはいませんでした(´;ω;`)。

(カメを撮影できなくてすみません!)

サンゴ礁

さたでい号の乗車時間は約30分。枇榔(びろう)島という島をグルっと回って港に戻るコースです。

途中から船酔いしないか心配になってきたので、帰りの便は船の上からの展望を楽しみました。

下は枇榔島の様子です。

枇榔島

残念ながら島に上陸はできないようです。(;´・ω・)

枇榔島

枇榔島から出港した港を振り返った様子。

枇榔島

枇榔島から佐多岬を眺めた様子です。確かに切り立った断崖の上に、灯台が立っているのが見えます。あそが本土最南端なのか~!

よくあんな場所に灯台を建てられたなあ、と感心しました。人の力ってすごいです!

佐多岬

船が枇榔島を離れて港に向かい始めました。さようなら、枇榔島~!

枇榔島

左側が枇榔島、右側が佐多岬です。

枇榔島

嫁さんの妹さんが、潮風に吹かれてとても心地よさそうでした♪

潮風を楽しむ

釣り客に手を振ったら、フレンドリーに手を振り返してくれました。^^

さたでい号

船乗り場のすぐ近くで記念撮影しました。^^

乗船口

ずっと乗ってみたかった「さたでい号」に乗った私たちは、いよいよ最終目的地である佐多岬を目指しました!

記事はこちら→本土最南端・佐多岬

 

さたでい号の情報

アクセス

垂水港から車で約70分。桜島港から車で2時間半。

住所

南大隅町佐多馬籠486-4

駐車場

無料駐車場あり。

料金

大人:2,000円 、子供:1,000円、学生1600円

営業時間

始発9:00、最終便15:20(4月~10月は16:00)

年休日

年中無休ですが、運行は天候次第なのでご注意を!人数が1人などでは運行しない場合もあるようです。

待合所の地図


~ Read More ~


宿泊(BOOK HOTEL)

レンタカー(RENT CAR)
Sponsored Link

関連記事

鹿児島観光ブログについて

鹿児島観光ガイドブログにようこそ!

当ブログでは、鹿児島の魅力的な観光情報を国内外に発信しています。
夫婦でのんびり楽しく更新しています。
鹿児島の観光動画も作っています。チャンネルにご登録ください。

鹿児島観光チャンネル
鹿児島食べ物チャンネル
桜島チャンネル


メールはこちら

関連記事