鹿児島へ旅行に行こう!

天璋院・篤姫の銅像~鹿児島市鶴丸城にて~

鹿児島市の鶴丸城にある天璋院・篤姫の銅像の紹介です。

Sponsored Link

篤姫銅像

薩摩義士碑側の入口から鶴丸城(現在の黎明館)に入ると、すぐ左側に天璋院篤姫の銅像があります。

※黎明館では鹿児島の歴史が紹介されています。

 天璋院篤姫     天璋院篤姫

まなざしに強い意志を感じます。

天璋院篤姫

 

鹿児島から東京へ

篤姫は天保六年(1835年)、今泉島津家の姫として、現在の鹿児島市に生まれました。

18歳のときに島津家第28第当主・島津斉彬の養女となり、この鶴丸城で暮らすようになりました。

安政三年(1856年)、第13代将軍徳川家定の御台所(みだいどころ=妻)になりました。

しかし、結婚して二年も経たないうちに、夫・家定は無くなってしまいます。

討幕運動

そのころ、討幕運動が盛んになっていました。

皮肉なことに、倒幕運動の先頭に立っていたのは、自分の故郷・薩摩藩。

そのリーダーとなっていたのは、西郷隆盛でした。

篤姫は幕府と薩摩藩の間で板挟みにあいながらも、戦争を回避するために力を尽くしました。

江戸無血開城

1868年、ついに官軍と幕府が衝突し戊辰戦争が起きます。

官軍が勝利し、江戸城に向かって進軍してきました。

将軍徳川慶喜は反抗する意思がないことを示すため、江戸城を離れて上野寛永寺に入ります。

一方、篤姫を中心とする女性たちは江戸城に残り続けました。

篤姫は官軍の隊長に徳川家の存続を願う嘆願書を送っています。

そして、西郷隆盛と勝海舟の話し合いが行われました。

その結果、江戸での戦争は回避され、寛永4年(1868年)4月11日江戸城は無血開城されます。

西郷隆盛にとって自分の才能を認めてくれた島津斉彬は、篤姫にとっては養父の存在。

同じ故郷の出身であり、同じの恩人(島津斉彬)を持つ西郷隆盛と篤姫の思いが、無血開城の一因になったのではないかと思います。

この意味で、篤姫が歴史にもたらした影響はとても大きいです。

篤姫は明治十六年(1883年)に脳溢血で亡くなるまで、ついに故郷・鹿児島の地に帰ってくることはありませんでした。

 

天璋院篤姫像の観光情報

アクセス

  • バス…鹿児島中央駅からカゴシマシティビューに乗り、「薩摩義士碑前」で下車(約15分)。
  • 市電…天文館電停を下車し、徒歩で約15分。

地図

 

近くの観光スポット

 

関連記事

篤姫は幼少時代を指宿市今和泉で過ごしました。


~ Read More ~


宿泊(BOOK HOTEL)



レンタカー(RENT CAR)
Sponsored Link

関連記事

鹿児島観光ブログについて

鹿児島観光ガイドブログにようこそ!

当ブログでは、鹿児島の魅力的な観光情報を国内外に発信しています。
夫婦でのんびり楽しく更新しています。
鹿児島の観光動画も作っています。チャンネルにご登録ください。

鹿児島観光チャンネル
鹿児島食べ物チャンネル
桜島チャンネル


メールはこちら

カテゴリー

関連記事