鹿児島観光をディープに楽しみたい方へ!

天璋院篤姫の銅像~鹿児島市鶴丸城にて~

鹿児島市の鶴丸城にある天璋院・篤姫の銅像の紹介です。

Sponsored Link

篤姫銅像

薩摩義士碑側の入口から鶴丸城(現在の黎明館)に入ると、すぐ左側に天璋院篤姫の銅像があります。

※黎明館では鹿児島の歴史が紹介されています。

 天璋院篤姫     天璋院篤姫

まなざしに強い意志を感じます。

天璋院篤姫

 

鹿児島から東京へ

篤姫は天保六年(1835年)、今泉島津家の姫として、現在の鹿児島市に生まれました。

18歳のときに島津家第28第当主・島津斉彬の養女となり、この鶴丸城(鹿児島城)で暮らすようになりました。

安政三年(1856年)、故郷の鹿児島を離れ江戸に向かい、第13代将軍徳川家定の御台所(みだいどころ=妻)になりました。

しかし、結婚して2年も経たないうちに、夫・家定は無くなってしまいます。

 

討幕運動

そのころ、討幕運動が盛んになっていました。

皮肉なことに、倒幕運動の先頭に立っていたのは、自分の故郷・薩摩藩。

そのリーダーとなっていたのは、西郷隆盛でした。

篤姫は幕府と薩摩藩の間で板挟みにあいながらも、戦争を回避するために力を尽くしました。

 

江戸無血開城

1868年、ついに官軍と幕府が衝突し戊辰戦争が起きます。

官軍が勝利し、江戸城に向かって進軍してきました。

将軍徳川慶喜は反抗する意思がないことを示すため、江戸城を離れて上野寛永寺に入ります。

一方、篤姫を中心とする女性たちは江戸城に残り続けました。

篤姫は西郷隆盛宛にに徳川家の存続を願う嘆願書を送っています。

 

篤姫像の後ろの屏風には、篤姫直筆の嘆願書の一部がコピーされています。

「一命にかけ是非~御頼申候事に候」と書かれています。

そして、西郷隆盛と勝海舟の話し合いが行われました。

その結果、江戸での戦争は回避され、寛永4年(1868年)4月11日江戸城は無血開城されます。

 

西郷隆盛にとって自分の才能を認めてくれた島津斉彬は、篤姫にとっては養父の存在。

同じ故郷の出身であり、同じの恩人(島津斉彬)を持つ西郷隆盛と篤姫の思いが、無血開城の一因になったのではないかと思います。

この意味で、篤姫が歴史にもたらした影響はとても大きいです。

 

篤姫は明治十六年(1883年)に脳溢血で亡くなるまで、ついに故郷・鹿児島の地に帰ってくることはありませんでした。

 

篤姫像制作のエピソード

この銅像を制作した中村晋也さんは、将軍に嫁いだころの若い姿ではなく、波乱万丈の人生を生き抜き、徳川家の存続に力を尽くし、その終焉を立派に見届けた姿を造りたいという思いを込めました。

天璋院篤姫(出典:wikipedia)

 

まず、篤姫の墓所に参拝して制作の許可を得た後、生前の姿に関する文献資料や服装の情報を片っ端から集めました。

上の写真は篤姫の晩年のものですが、道服という衣装を着ています。

実際に徳川記念財団に行って、道服の素材感を確かめ、少し硬い感じを粘土で表現したそうです。

 

天璋院篤姫像の観光情報

アクセス

  • バス…鹿児島中央駅からカゴシマシティビューに乗り、「薩摩義士碑前」で下車(約15分)。
  • 市電…「天文館通」電停を下車し、徒歩で約15分。

地図

 

近くの観光スポット

薩摩義士碑

木曽の治水工事で命を懸けた薩摩藩の義士たち。

Sponsored Link

関連記事

鹿児島観光ガイドについて

鹿児島観光ガイドにようこそ!

当ブログでは、鹿児島の魅力的な観光情報を国内外に発信しています。
私たちはショウ&ララと申します。生まれも育ちも生粋の鹿児島県人です。夫婦でのんびり楽しく更新しています。自然が見せる四季折々の変化、豊かな食材に彩られた料理、素朴で優しい人柄・・・、鹿児島は魅力でいっぱいです!このブログを読んで、あなたが少しでも鹿児島に興味を持ってくれたら幸せです。

毎日桜島を定点観測してます。今日の桜島の様子はこちらから♪
桜島チャンネル

鹿児島での旅行についてご相談があればメールをいただけるとうれしいです。
メールはこちら

鹿児島の天気

  • 今日

    晴のち曇

    晴のち曇

    24℃ / --℃

  • 明日

    曇のち晴

    曇のち晴

    24℃ / 17℃

  • --℃ / --℃

カテゴリー

関連記事