鹿児島へ旅行に行こう!

ご紹介「吾平山上陵」~大隅のパワースポット!日本創生神話の神(初代天皇の御父君)が眠る場所~

 鹿屋市には初代天皇の御父君と御母君が眠る「吾平山陵」があります。まさに「日本の父と母の魂が眠る場所」とも言えますね。ここは神聖な空気にに包まれていて、パワースポットとしても有名な場所です。大隅の大自然に囲まれた吾平山上陵の清々しい空気に浴し、心が洗われるような気持ちがしました。

Sponsored Link

吾平山上陵の歴史と初代神武天皇

古い書物(古事記や日本書紀)によれば、皇室の祖神である天照大神(アマテラス)の命を受け、ニニギノミコト(アマテラスの甥)が日本の地に降り立ち、日本の統治を始めました。

ニニギノミコト、ヒコホホデデノミコト、ウガヤフキアエズノミコト(初代天皇の父)が統治していた時代は神代三代といわれます。

鹿児島には(諸説ありますが)これら三柱の神々の御陵(お墓)があります。

 

神武天皇とこれらの神様の関係を表にまとめると、こんな感じになります。

続柄 名前 主に祭られている神社 御陵(お墓)
曾祖父 天津日高彦火瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)※アマテラスの甥 霧島神宮(霧島市)、新田神社(川内市) 可愛山上陵(川内市)
祖父 天津日高彦火火出見尊(ヒコホホデデノミコト) 鹿児島神宮(霧島市) 高屋山上陵(霧島市)
天津日高彦波瀲武鸕鷀草葺不合尊(ウガヤフキアエズノミコト) 鵜戸神宮(宮崎県日南市) 吾平山上陵(鹿屋市)
本人 神武天皇(初代天皇)    

鹿児島県の鹿屋市には、神武天皇の御父君にあたるウガヤフキアエズノミコト(天津日高彦波瀲武鸕鷀草葺不合尊)、御母君にあたるタマヨリビメ(玉依姫)が祭られている「吾平山上陵」があります。

今回はパワースポットとしても有名な吾平山上陵に参拝してきました!

 

パワースポット「吾平山陵」を参拝

大隅半島のおよそ中心の山の中にある吾平山上陵。

すぐ近くには大隅広域公園があり、親子連れの姿を見かけましたが、

吾平山上陵には人影がなく、川のせせらぎと木々が風で揺れる音と野鳥の声しか聞こえませんでした。

吾平山陵

深い緑と澄んだ空気に包まれて、身が清められる気持ちがしました。

(御陵までは入口から約500mほどあります。)

砂利道を進むと、橋が見えてきます。

橋のたもとには、少し朽ちかけた板に「宮内庁管轄」と書かれた標識がありました。

しんとした静かな森の中で、この標識。すこし緊張しました(;´・ω・)

宮内庁管轄と書かれた標識

吾平山陵の橋

吾平山陵の橋

橋を渡ると…。

吾平山陵の清流

 

参道が続きます。辺りは静まりかえっていて、自分たちの歩く音しか聞こえません。

吾平山陵の木立

吾平山上陵の自然の中に身をおくと、とても心地よいです。

吾平山陵の参拝道

 

まるで伊勢神宮みたい

歩みを進めていると、伊勢神宮の内宮を思い出しました。

五十鈴川のせせらぎに出迎えられ、橋を渡り、

五十鈴川の川べりで手を清め、

舗装されてた砂利道をひたすら進むと内宮の拝殿が見えてくるのは、ご存じの方も多いと思います。

吾平山陵は伊勢神宮の内宮にとてもよく似ていました。

川沿いにある駐車場から橋を渡り、森林に囲まれた砂利道を進むと、

川へ降りることができる階段があります。

後から知ったのですが、吾平山陵は『小伊勢』と呼ばれているそうです。

川へ降りることができる階段

階段をおりて川辺から左側に顔を向けると…、おや、何か見えます!

吾平山陵の川辺から見える鳥居

よく見ると、細い橋と鳥居がありました!

橋と鳥居

前述しましたが、神様が眠るお墓ですので、近距離での撮影は控えました。

川沿いから参道に戻り、再び歩みを進めると、すぐに行き止まりになり、

対岸にウガヤフキアエズノミコトとタマヨリビメが眠るという場所がありました。

もちろん立ち入り禁止です。

陵墓は何本も石の柱と、石の鳥居に守られていて、対岸からは鳥居の奥の様子までは見ることはできませんでした。

 

おススメの参拝時期

お正月にはたくさんの初詣客でにぎわいます。

3月下旬~4月上旬には桜が、11月中旬~12月上旬は紅葉がきれいです。

後で知ったのですが、吾平山上陵では御朱印をいただくこともできるそうなので、また改めて参拝させていただきたいと思っています。

 

吾平山陵の観光情報

アクセス

  • 垂水フェリーターミナルから、車で約1時間。
  • 大隅縦貫道「笠之原IC」から、車で約30分。

開園時間

8:30-17:00

電話

0994-58-7291

住所

鹿児島県鹿屋市吾平町上名

地図


~ Read More ~


宿泊(BOOK HOTEL)

レンタカー(RENT CAR)
Sponsored Link

関連記事

鹿児島観光ブログについて

鹿児島観光ガイドブログにようこそ!

当ブログでは、鹿児島の魅力的な観光情報を国内外に発信しています。
夫婦でのんびり楽しく更新しています。
鹿児島の観光動画も作っています。チャンネルにご登録ください。

鹿児島観光チャンネル
鹿児島食べ物チャンネル
桜島チャンネル


メールはこちら

関連記事