鹿児島へ旅行に行こう!

口永良部島の噴煙規模に負け、恥ずかしさで雲に隠れる桜島?

2015.05.31

This post is also available in: 英語

桜島の面子がつぶれた?

桜島は5月21日4,000メートル級の噴煙を2回上げました。ニューズでも大きく取り上げられたので、桜島としてはドヤ顔だったのでしょう。
ところが5月29日午前、口永良部島の新岳が噴火を上げました。
噴煙の高さは9,000メートルにまで達しました。かるく桜島の2倍です。
新記録をカンタンに塗り替えられたのがショックだったのか、
今朝の桜島は雲の中に隠れてしまっています。

桜島が600回以上の噴火を達成!

沖永良部島に不意を疲れる形にはなりましたが、桜島が雲の中で606回目の噴火を記録しました。今年になってから月100回ペースを維持してます。年末までに1,200回達成できそうです。
ガンガン噴火する桜島からいつも元気をもらえますが、個人的には今週に発生したドカ灰だけは勘弁してほしいです。

 

桜島と口永良部島の新岳を比較

標高は桜島の1,117mと比べて新岳は626mと半分ぐらいです。火口の大きさも桜島は337m(昭和火口)ですが新岳は200mです。歴史を振り返ると最初の記録的な大噴火は桜島では1468年が最初なのに対し、新岳は1841年が最初です。
桜島は規模的・歴史的に新岳よりずっと先輩格です。
噴煙の高さで負けてしまったのは、桜島としてはかなり悔しいでしょうね。


~ Read More ~


宿泊(BOOK HOTEL)



レンタカー(RENT CAR)

関連記事

鹿児島観光ブログについて

鹿児島観光ガイドブログにようこそ!

当ブログでは、鹿児島の魅力的な観光情報を国内外に発信しています。
夫婦でのんびり楽しく更新しています。
鹿児島の観光動画も作っています。チャンネルにご登録ください。

鹿児島観光チャンネル
鹿児島食べ物チャンネル
桜島チャンネル


メールはこちら

カテゴリー

関連記事