鹿児島へ旅行に行こう!

春の甲突川を散策~桜を見るならココ!満開の桜並木を歩こう!~

2017.04.16

毎年4月になると、甲突川の両岸に美しい桜が咲きます。

鹿児島中央駅や高速バスターミナルから近いので、公共交通機関の待ち時間を利用して、ぜひ散歩してみてください。

Sponsored Link

 

甲突川にやってきた!

鹿児島市内で桜を楽しむ場所といえば、甲突川、吉野公園、平川動物公園などが有名です。

今日は鹿児島中央駅に近い甲突川河畔でお花見を楽しむことにしました!

空は晴れていて、絶好のお花見日和でした。

駐車場ですが、歴史ロード「維新ふるさとの道」を散策する場合は観光案内所前の無料駐車場を利用しました。(下の写真)

こちらの駐車場は時間制限があるので、お花見をする場合は近くのコインパーキングを利用しましょう。

観光交流センターの一般駐車場

もしこちらの駐車場に空きがなければ、近くのコインパーキングをご利用ください。

 

さっそく歩いてみましょう!

甲突川の桜

写真右側の橋は、南洲橋です。南洲とは西郷隆盛のことです。来年の2018年NHK大河ドラマ「西郷どん」が放送される頃には、きっと大勢の観光客でにぎわうことでしょう。楽しみです。

 

桜が満開で週末ということもあり、桜を楽しむ人たちがたくさんいました。

 

甲突川沿いの桜並木

 

生まれて初めて見る桜に、娘(1さい)もご満悦♪

桜の下で記念撮影

 

空がどこまでも澄み渡っていて、とても気持ちのいい天気でした。

桜の花吹雪がメチャクチャ美しかったです・・・!

桜吹雪

 

こんな天気に桜の下の芝生でゴロンと寝ころんだら、とても気持ちよさそう!

甲突川の桜

甲突川の桜

 

対岸の歴史ロード「維新ふるさとの道」には、みごとな桜並木が並んでいます。

甲突川の桜並木

さっそく対岸を歩いてみましょう。

高麗橋を渡って対岸を歩きます。

 

高麗橋から鹿児島中央駅の方向の眺めです。

高麗橋から眺めた鹿児島中央駅

 

両岸の桜が美しいです。遠くに鹿児島中央駅のシンボル「アミュラン」が見えます。

高麗橋の反対方向を眺めてみると・・・。

遠くに青く霞んだ桜島が見えます。

高麗橋から見た桜島

 

ちょうどお昼前だったので、お花見の設営準備が始まっていました。

甲突川のお花見

 

歴史ロード「維新ふるさとの道」の入口です。

歴史ロード「維新ふるさとの道」の入口

 

桜を眺め春を感じつつ、甲突川のほとりの散歩を楽しんでいる方がたくさんいました。

甲突川の桜

 春の甲突川 春の甲突川  春の甲突川

 

観光人力車に乗って旅を楽しく!

「維新ふるさと館」の前で、人力車のお兄さんに出会いました!かなりイケメンです!

人力車

 

人力車に乗って散策すると旅がもっと楽しくなるかも?

鹿児島の人力車

 

人力車のお値段は10分で1,000円からと、かなりお手頃です。

コースは「甲突川→照国神社鶴丸城→ウォータフロント→天文館→甲突川」がいちばんオススメのようです。もちろん観光地の説明もしてくれるのでうれしいですね!

今はお花見が盛んな時期なので、お花見の場所に送ってもらったり、お花見のあとに「鹿児島中央駅まで送ってほしい」というお客さんも多いのだとか。

人力車は甲突川のほかに照国神社にも待機されているようです。遠い場所では磯庭園(仙巌園)まで行ってくれるそうですよ。^^

 

もうすぐで鶴丸城の御楼門も完成します。人力車は究極の「エコカー」でもあるので、ぜひ多くの方に利用していただいて、鹿児島市内の観光を楽しんでもらいたいです。

旅の思い出作りに、ぜひ利用されてはいかがでしょうか?

 

感想

甲突川沿いはよく通りますが、桜が満開のときに散策したのは初めてでした。

ウワサ通りのみごとな世界が広がっていました。お天気にも恵まれたので、家族みんなでゆっくり散策できて、とても心地よい時間を過ごせました。

鹿児島中央駅のすぐ近くなので、ぜひ春の旅行の際は散策してみてください!

 

甲突川のライトアップ

甲突川は夜に歩くと美しくライトアップされます!夜桜を楽しみながら歩くのもいいですね!

 

 

近くのランチスポット

 

近くの観光スポット


~ Read More ~


宿泊(BOOK HOTEL)

レンタカー(RENT CAR)
Sponsored Link

関連記事

鹿児島観光ブログについて

鹿児島観光ガイドブログにようこそ!

当ブログでは、鹿児島の魅力的な観光情報を国内外に発信しています。
夫婦でのんびり楽しく更新しています。
鹿児島の観光動画も作っています。チャンネルにご登録ください。

鹿児島観光チャンネル
鹿児島食べ物チャンネル
桜島チャンネル


メールはこちら

カテゴリー

関連記事