鹿児島観光をディープに楽しみたい方へ!

宮崎県串間の「都井岬」観光~太平洋の大パノラマと野生馬~

This post is also available in: 英語

都井岬は宮崎県の南端にニョキッと突き出した岬です。

ここでは灯台にのぼったり、野生馬を近くで見ることができます。

天気の良い日はぜひドライブできてみてほしい場所です。

Sponsored Link

都井岬に到着

道の駅松山(志布志市松山町)でケーキバイキングを楽しんだ後は、都井岬まで約1時間半のドライブ。

やっと到着しました!見渡す限りの青い空、そして空よりもさらに青い海!うーん、すがすがしい!

都井岬

ゲートでお金を払います。入場料は車1台につき400円です。

入ったとたんに、たくさんの野生馬(御﨑馬)に遭遇しました!

道のあちこちでウロウロしています。車の運転はゆっくりしましょう。

御崎馬

 

都井岬灯台

さらに、都井岬灯台まで進みました。(灯台で別途200円入場料が必要です)

灯台は海抜245mの高さにあります。灯台から下の絶壁を見ると、あまりの高さに震えてしまいました(笑)。

志布志湾は大きく南東に開いているので、海風の影響を受けやすく海難事故が多いです。

私は昔、海難救助の会社に勤めていたのですが、ここで事故を起こす船舶を扱うことが何度もあったなあ・・・。

都井岬灯台はこの付近を航行する船舶を守る光なんですね。

都井岬灯台

近くで見ると、灯台は大きい。

都井岬灯台

ここから眺める太平洋のパノラマは最高ですよ!

下の写真は日南市方面(北側)をバックに撮影したものです。

都井岬

 

灯台からは広大に広がる太平洋を大パノラマで眺めることができます。

水平線が丸くなっていて、地球が丸いことを実感できますよ!

風が強いので、帽子が飛ばされないように注意してくださいね!

すぐ近くにある都井岬灯台展示室では、灯台についての歴史を知ることができます。

都井岬のレポート動画を作成してみました!

 

御﨑神社を参拝

都井岬灯台から車で5分の場所にある神社です。ご利益は、海上安全、航海安全と縁結び。

この付近は船舶の遭難が多いことで有名だったため、昔からこの神社の宗教的な役割は大きかったようです。

今日は、私の友人のためにお参りすることにしました。

彼はとても良い男性なのですが、なぜか女性とご縁がありません。

ぜひ、御﨑神社で縁結びのパワーを!

都井岬

少し長い階段を下っていきます。あたり一面には南国らしくソテツが育っています。ちなみに、このソテツ自生地は北限として特別天然記念物に指定されています。

都井岬

階段を降りる途中で、社殿を発見!しかし、がけ崩れがあったそうで通行止めになっていました。残念。(´;ω;`)。仕方ないので、そのまま階段を下っていきます。

御﨑神社

社殿のすぐ下は崖になっていて、太平洋の荒波がスゴイ音を立てて打ち付けていました!こ、こわい・・・。

都井岬

階段を下ったところで、社殿が見える場所でお参りすることができました。野生馬をたくさん見かけました♪

しかし、なんとしてでも友人が良い女性と会えるようにお参りしておきたい!

御﨑神社

 

都井岬ビジターセンターうまの館に寄ろうとしましたが、時間がないので今回はパスしました。

野生馬の生態を知りたい方には、ぜひオススメですね。(入場料300円)

都井岬の観光情報

アクセス(鹿児島方面から)

車…道の駅松山(志布志市松山町)から1時間半。または、都城ICから1時間40分。

アクセス(宮崎市から)

車…宮崎市から日南海岸沿いに南下し、2時間弱。

バス

JR串間駅からバスにのり「都井岬」で下車(約45分)。

入園時間

09:00~16:30(年中無休)

料金

乗用車400円、二輪車100円(灯台エリア、うまの館は別途入園料あり)

地図

 

周辺の宿泊ホテル

都井岬にある国民宿舎です。玄関のすぐ近くまで野生馬が来ることもあるようですよ!

 

近くの観光スポット

Sponsored Link

関連記事

鹿児島観光ガイドについて

鹿児島観光ガイドにようこそ!

当ブログでは、鹿児島の魅力的な観光情報を国内外に発信しています。
私たちはショウ&ララと申します。生まれも育ちも生粋の鹿児島県人です。夫婦でのんびり楽しく更新しています。変化に富んだ自然が見せる四季折々の変化、豊かな食材に彩られた料理、素朴で優しい人柄・・・、鹿児島は魅力でいっぱいです!このブログを読んで、あなたが少しでも鹿児島に興味を持ってくれたら幸せです。

毎日桜島を定点観測してます。今日の桜島の様子はこちらから♪
桜島チャンネル

鹿児島での旅行についてご相談があればメールをいただけるとうれしいです。
メールはこちら

カテゴリー

関連記事