ホノホシ海岸は奄美大島の不思議なパワースポット

スポンサーリンク

※地元・鹿児島県民の筆者がこの記事を書いています。

奄美大島のホノホシ海岸のご紹介です。

ここの浜辺には無数の丸い石が転がっている、なんとも不思議な場所です。

くれぐれも石を持ち帰ってはいけないという伝説が・・・。

 

スポンサーリンク

アクセス(行き方)&駐車場情報

車での所要時間は以下のとおりです。

  • 奄美空港から約2時間
  • 名瀬港から約1時間10分

無料駐車場があります。

世にも不思議な丸い石の海岸

ホノホシ海岸

見渡す限り砂は無く丸い石ばかりが転がっています。

ホノホシ海岸の名前の由来

ホノホシ海岸から大島海峡に抜ける陸の部分がひょうたんのくびれ状になっています。

昔、漁師が海路を迂回せずに船を担いで歩きショートカットしたことから「船越(ふなこし)」が訛(なま)って「ホノホシ」となったそうです。

ホノホシ海岸の伝説(言い伝え)と呪い

ホノホシ海岸では古い言い伝えがあり、丸い岩の1つ1つに魂が宿っているのだそうです。

もしホノホシ海岸の丸井石を持ち帰ってしまうと、夜になると石が動き出して災厄をもたらすと云われています。

くれぐれも石を持ち帰らないようにしましょう。

ホノホシ海岸の石はお守りになる?

ホノホシ海岸の石は「無事に帰ってくる」ために昔はお守りにしていたという記事がありましたが、

私がインターネットで調べる限りは不幸をもたらしたというエピソードが圧倒的に多いです。

ホノホシ海岸の丸い石が登場するドラマ

綾瀬はるかさん主演のTBS系ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」でも、ホノホシ海岸の丸い石が「奄美の丸石」という名前で登場します。丸い石を持ち帰ったものが呪われるというのもドラマでは忠実に再現されています。

ホノホシ海岸の石を持ち帰ってしまったらどうなるのか

記念に持ち帰った人のなかには、続けて身内に不幸が起こって、返したいと思っている人もいるようです。

そもそも国立公園の石を持ち出してはいけないので、やはり持ち帰るのはやめましょう。

ホノホシ海岸の観光情報

住所

 

地図

 

タイトルとURLをコピーしました