子宝と安産のご利益!鬼子母神社の御朱印(鹿児島市宮之浦町)

スポンサーリンク

※地元・鹿児島県民の筆者がこの記事を書いています。

鹿児島市宮之浦町の「鬼子母(きしも)神社」のご紹介です。

子宝・安産のご利益があります。

車でも参拝できるので、出産を間近に控えられた方は参拝してはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

アクセス&駐車場情報

九州自動車道「薩摩吉田」インターチェンジから車で約5分かかります。

少し分かりにくいですが、こちらが入口です。

鬼子母神社の入口

鬼子母神社(鹿児島市)

 

手水舎

こちらで心と体を清めて参拝します。

鬼子母神社(鹿児島市)

 

社殿

社殿では二匹の狛犬がカラフルな涎掛けをして神様をお守りしています。

鬼子母神社(鹿児島市)

私は子どもたちの健やかな成長を祈願してきました。

鬼子母神社はどのような神様を祭っているのでしょうか?

 

ご祭神

鬼子母神(きしもしん)

鬼子母神は千人もの子どもを持つ神様です。

しかし性格はとても残虐で人々の幼児を食べていたと伝えられています。怖いですね!

この鬼子母神を見かねたお釈迦様は、鬼子母神の子どものうち、末っ子を隠してしまいました。

鬼子母神は必死になって自分の子どもを探しましたが見つからず、ふかく嘆き悲しみました。

お釈迦様は鬼子母神に「自分の千人の子どものうち1人だけいなくなっても非常に悲しいものです。ならば子どもを食べられたときの両親の心はどうでしょうか?」と言いました。

鬼子母神は深く反省し、それ以後は、子育て・安産の神様になり人々から崇敬されるようになりました。

 

御朱印をいただくときに鬼子母神のイラストを頂くことができました。

鬼子母神

見た感じでは、やさしくて温厚そうな印象を受けます。

おそらくお釈迦様に会って改心した後の姿なのでしょうね。

 

ところで、鬼子母神社に掲げてある旗を見てみましょう(写真左)。

鬼子母神社(鹿児島市)

「鬼」という漢字の上にある「ツノ」が欠けているのに気づきましたか?

もともと鬼だったものが、善い神様になると「鬼」という漢字からツノが無くなるのです。

 

御朱印情報

他ブログで神社の境内で御朱印を頂けるという記事がありましたが、私のときは境内にありませんでした。

御朱印は近くのお寺「南蔵院」でいただけます。

鬼子母神社の御朱印

ご住職が留守だったので、あらかじめ紙に書いたものを頂きましたが、いらっしゃる場合は直接御朱印帳に書いてくださるそうです。

 

鬼子母神社の参拝情報

住所

〒891-1305 鹿児島県鹿児島市宮之浦町251

地図

 

周辺の観光スポット

南蔵院

不動明王様を祭るお寺。こちらでも御朱印をいただくことができます。

 

安産にご利益のある神社特集

鹿児島県内で安産にご利益のある神社をまとめました!

 

鹿児島市内の神社特集

鹿児島市内の神社をまとめました!

 

御朱印帳をもって神社を参拝しましょう!

タイトルとURLをコピーしました