鹿児島へ旅行に行こう!

清姫温泉~日当山温泉郷で最も長い歴史を持つ温泉~

霧島で有名な日当山温泉郷で、オススメの家族湯をご紹介します。霧島エリアでドライブに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

日当山温泉郷

日当山温泉は魅力的な家族湯が充実しているのが特徴です。

20か所以上の温泉施設がありますよ

1コインでお手軽に入浴できる家族風呂から、かなりエレガントな家族湯まであります。

霧島方面でドライブを楽しんだ後、休憩で立ち寄るのもおススメですよ。

 

また、日当山温泉はイザナギ・イザナミの神々の時代までさかのぼる、鹿児島県内でももっとも歴史の古い温泉です。

西郷隆盛もがよく訪れていた温泉郷でもあり、昔からたくさんの人々を癒してきました。日本で初めてハネムーンをした坂本龍馬夫妻も日当山温泉で3泊したという記録があります。

泉質はナトリウム炭酸水素塩泉です。リューマチ、神経痛、創傷および皮膚病などの病気に効くと言われています。(西郷隆盛は長年皮膚病で悩んでいたことが知られています。)

美肌効果も高いので、女性にもおススメですよ!

 

歴史ある「清姫温泉」

清姫温泉は日当山温泉郷のなかでも最も歴史のある温泉です。

1916年(大正5年)創業なので、お店は100年以上も歴史があります!

今回日当山温泉のご紹介第1弾として、ぜひこちらのお風呂を紹介したかったので、家族で行ってみました!

清姫温泉

 

この看板が目印です!

清姫温泉

 

駐車場は広々としています。電気自動車のポートもありますよ。

地元の人たちでにぎわっているようでした。

清姫温泉

 

駐車場の片隅に小さなお社を発見!

ここに祭られている石碑は、鎌倉時代(1293年)に明源というお坊さんが「湯元大権現」という文字を刻み、280年後に松慶というお坊さんが土の中から掘り起こしたものです。

 

さっそくお風呂に向かいましょう。

入口は昔ながらの懐かしい外観です。ふるさとに帰ってきたような懐かしい気持ちになります。

清姫温泉

 

まず券売機でチケットを購入しましょう!

家族湯は1室4人で、たったの500円(1時間)です。とっても経済的ですよね。^^

お風呂に備え付けのシャンプー・リンス等はないので、持参していないときは券売機で購入しましょう。

清姫温泉

 

チケットを受付に渡します。

清姫温泉

 

子どもの遊び道具の「アヒル隊長」(霧島温泉大使)を借りて、いざ家族湯へ!

清姫温泉

 

清姫温泉

こちらが家族湯です。さて、どんなお湯が待っているのかな~?

清姫温泉

 

浴槽は古くて歴史を感じますが、きれいに掃除されています。

 清姫温泉

 

お湯ですが結構熱めです。硫黄がしっかり効いています。

ドライブで疲れた体をじわ~っと癒してくれますよ!

清姫温泉

私の場合、あまりにもお湯が気持ちよくて、ついつい長い時間つかってしまいましたが、この後長時間運転しなければならないのがキツかったです。

もし近くで宿泊する場合は、ゆっくり温泉を楽しむのもありだと思いますが、ドライブで立ち寄る際は入浴時間を考えてお湯を楽しんでくださいね。

 

こちらはお風呂上りに撮影した大浴場の入口です。

大浴場は大人300円、子ども140円です。

清姫温泉

清姫温泉

 

お土産屋さんもあるので、帰りに寄ってみるのもいいかも。

遊具を借りた場合は、忘れずにご返却を!

清姫温泉

霧島の歴史ある温泉で汗を流して体も心もリフレッシュできました。

あなたも霧島エリアをドライブする際はぜひ立ち寄ってみてくださいね!

 

清姫温泉の情報

営業時間

06:00-22:00(年中無休)宿泊可

※家族湯は21:00まで

料金

  • 立寄湯(大人300円)
  • 家族湯500円(平日400円)

泉質

炭酸水素塩泉

効能

美肌、切り傷、神経痛、腫物、胃腸病、皮膚病、婦人病、痔、筋肉痛、疲労回復、リウマチなど。

住所

霧島市隼人町姫城3-124

ホームページ

こちら

地図

 

近くの観光スポット

かれい川の湯

ここの家族湯も雰囲気が良いです!

塩浸温泉

龍馬夫妻がハネムーンで長期滞在しています。もちろん入浴も可能!

 

関連記事


~ Read More ~


宿泊(BOOK HOTEL)



レンタカー(RENT CAR)

関連記事

鹿児島観光ブログについて

鹿児島観光ガイドブログにようこそ!

当ブログでは、鹿児島の魅力的な観光情報を国内外に発信しています。
夫婦でのんびり楽しく更新しています。妻(地球の歩き方トラベルリポーター)がメインの投稿を担当し、夫が翻訳を担当しています。
鹿児島の観光動画も作っています。チャンネルにご登録ください。

鹿児島観光チャンネル
鹿児島食べ物チャンネル
桜島チャンネル


メールはこちら

カテゴリー

関連記事