鹿児島へ旅行に行こう!

吹上温泉・湖畔の宿「みどり荘」で日帰り入浴

2016.11.26

Midoriso Spa

湖畔で優雅な露天風呂の時間を過ごしてみませんか?文豪・斎藤茂吉も愛した温泉で、身も心もゆっくりほぐせますよ。

Sponsored Link

みどり荘

日置市吹上の静かな山の中にあります。

みどり池の様子です。

みどり池

こちらが入口。

みどり荘

 

入口の門をくぐってすぐ左側に受付があります。

券売機でチケットを買います。

受付

 

受付を済ませたら、案内版に従って歩いていきます。

下の写真は藤棚テラスと呼ばれていて、4月ごろになると、美しい藤の花が咲いています。

みどり荘

みどり池のすぐとなりを歩いていきます。

みどり荘

pb260071

ついに露天風呂の入口に到着しました!

みどり荘

 

男性専用露天「椎の木風呂」

脱衣場の様子です。

お風呂だけでなく脱衣場からも景色が眺められます。

すぐ横に人が歩く道があるので、少し恥ずかしいですが、その点は開き直って・・・。

みどり荘 みどり荘

幸運なことに貸し切り状態でした!

木々の間から注ぎ込む朝日が美しい。

みどり荘

 

露天風呂の設備

こちらは、かけ湯の様子です。

まずここで体に湯をかけてキレイにしましょう。

pb260093

 

かけ湯のすぐとなりには、水もあります。

pb260094

 

シャンプー・リンス・ボディソープも一応あります。

しかし、天然100%の温泉は垢を落とす力もあるので、なるべく使わないでほしいとコメントが書かれていました。

みどり荘

 

たらいの様子です。味があります。

みどり荘

 

天然の温泉がこぽこぽと流れ出ています。

みどり荘

 

いざ入浴!

みどり荘の自家源泉のみを使用した温泉です。

大自然のなか、天然の温泉に身をゆだねる、この幸せ・・・。

pb260092

pb260105

みどり荘

秋なのでモミジがキレイでした。

季節が変わるごとに風景も変わります。また違う時期に来てみたい、という気持ちが大きくなります。

みどり荘

 

湯船に大の字でつかって、上を見上げると・・・。

紅葉した山が美しいです。

pb260107

頭上には無数の紅葉の葉が広がっています。

pb260108

風が吹くたびに、木々のこずえをさやさやと鳴らします。

とてもリラックスできました。

みどり荘

美しい秋空を眺めていると、あまりの開放感に、自分の体が空に溶けていくような感覚さえしました。

みどり荘

 

動画

少しでもこの素晴らしい雰囲気を伝えたいと思い、温泉の動画も撮影しました。

 

大浴場(内湯)

大浴場にも入ることができます。

大浴場

 

大浴場の入口です。

pb260118

 

脱衣場です。ロッカー(有料)もあります。

pb260119   

大浴場のお湯は、「みどり荘」独自の泉源と、町から供給されている配当湯のブレンドだそうです。

残念ながら浴室に他のお客様がいらっしゃったので、大浴場の撮影はできませんでした。

大きなガラス張りの窓からは、みどり池を一望できました。

ここからの眺めも素敵ですよ!

 

家族湯について

大浴場のそばに家族湯があり、ここからも素敵な景色が楽しめるそうです。以前、家族湯に入ろうと7ヶ月の赤ちゃんを連れてきました。しかし、お店の方によると、赤ちゃんにとってはやや高温であり、加水も可能ですが次に入浴お客さんのためにはなるべく控えてほしいと説明を受けました。なので、その日の家族湯はあきらめました。赤ちゃん連れの方は、お子さんがある程度大きくなってから入浴した方がよさそうですね。

 

効能

慢性関節炎、リュウマチ、神経痛、糖尿病、皮膚病、慢性の婦人病

 

みどり荘の情報

アクセス

鹿児島市から車で約60分。無料駐車場あり。

営業時間

10:00-19:30(受付は19:00まで)※休日は不定。

料金

大人600円(小学生以下300円)

ホームページ

こちら

住所

日置市吹上町湯之浦910

地図

※2016年11月時点の情報です。お出かけの際はホームページ等でご確認ください。

 

近くのランチスポット


~ Read More ~


宿泊(BOOK HOTEL)

レンタカー(RENT CAR)
Sponsored Link

関連記事

鹿児島観光ブログについて

鹿児島観光ガイドブログにようこそ!

当ブログでは、鹿児島の魅力的な観光情報を国内外に発信しています。
夫婦でのんびり楽しく更新しています。
鹿児島の観光動画も作っています。チャンネルにご登録ください。

鹿児島観光チャンネル
鹿児島食べ物チャンネル
桜島チャンネル


メールはこちら

関連記事