鹿児島観光をディープに楽しみたい方へ!

大河ドラマ西郷どん32話「薩長同盟」あらすじ&感想~地元鹿児島人のレポート!

西郷どん

西郷どんは昔と比べて少しふっくらとなり、貫禄(かんろく)が増してきましたね!

今回は男気炸裂のシビレる回となりました☆

Sponsored Link

 

前回のレポートはこちら!

 

薩長同盟

第32話は、幕末の大イベントである「薩長同盟」が描かれていました。

一橋慶喜は京都に近い兵庫の港にフランスの軍艦を招き、天皇から無理やり2度目の長州征伐の勅許を得ましたね。

 

これに対し、大久保一蔵は「大義のない勅許は勅許ではない」として他の藩に幕府に従わないよう手紙を送っていました。

勅許は天皇の命令で絶対に逆らえないものですが、日本を外国から守るために、あえて天皇に逆らう。。。

前代未聞の行為に、一緒に手紙に名前を連盟した西郷どんもハラハラしたに違いありません。

 

最初、西郷どんが幕府を滅ぼす決意をしたとき、協力的ではない大久保一蔵に「私一人でも幕府を滅ぼす」と言っていましたが、今回は大久保一蔵が「私一人でもこの文書を広める」と言っていました。

いつのまにか、大久保一蔵はすっかり西郷どんに共感し、協力的になっていますね!

 

まさか硬派な一蔵が!?

大久保一蔵がおゆう(内田有紀)を妾(めかけ)にしていたのはビックリしました。

女性関係は割とお堅い人物なのかと思っていたのですが・・・。

意外な一面を垣間見てしまった気がします。

以前、岩倉具視が大久保一蔵の何らかの弱みを握っていることが分かっていましたが、このことだったのですね!

薩摩藩の遺してきた正妻は大丈夫なのでしょうか?

大久保一蔵も西郷どんに負けないくらい実直な性格なので、うっかり正妻に妾のことがバレてしまいそうな予感がします!

 

感動のシェイクハンド!

武士というのは誇りのためなら腹を切って命を捨てるプライドの高い人たちです。

禁門の変と長州征伐を通じて、薩摩と長州はお互いを憎み合っていました。

もちろん家族や大切な人を相手に殺された人もたくさんいたでしょう。

そんな敵同士が手を握り合うのは至難の業(わざ)!

 

小松帯刀のお屋敷「御花畑(おはなばたけ)屋敷」(なんてメルヘンな名前!)で向かい合った薩摩藩士と長州藩士が無言で向かい合うシーンは、「そっちが先に頭を下げるべきだ!」という武士の誇り(意地?)がぶつかり合うシーンでした。

ちなみに、長州藩の桂小五郎と同席していた伊藤という人物は、後に日本で最初の内閣総理大臣になる伊藤博文です。

 

このシーンで、坂本龍馬のキャラが面白いと感じました。

すでに土佐藩を脱藩し「武士」ではなくなっている坂本龍馬にとって、意地のために協力できない薩摩と長州は、かなりもどかしかったでしょう。

坂本龍馬のひょうひょうとした態度が、かえって意地を張り合う頑固な武士たちの姿を浮き彫りにしていましたね。

 

そんな武士たちが意地を捨てるきっかけになったのが留学生の写真。

遠いイギリスでは、すでに薩摩と長州は手を取り合っている。

なのに、俺たちはなんで日本という小さな枠組みのなかでいがみ合っているのか!?

写真一枚が見事に歴史を変え、ついに薩摩藩と長州藩が協力することになりました!

 

西郷どんを皮切りに、次々と薩摩藩士が桂小五郎に頭を下げていましたが、最後に、しぶしぶと、悔しそうに顔をゆがめながら、頭を下げたのは海江田俊斎でした。

さまざまな思いの交錯する場面で、ハラハラと手に汗を握ってしまいました。

 

最後に「われらの負けだ」と言った桂小五郎もなかなかの男っぷりでカッコよかったです!

個人的に思うのですが、桂小五郎としても薩摩藩士たちに先に頭を下げられたのは悔しかったのではないでしょうか。

プライドにこだわって先に頭を下げなかった自分たちを格好悪く感じたのではないでしょうか。

しかし、西郷どんたちの潔さのおかげで、桂小五郎も「よろしく頼む!」と協力をお願いすることができましたね。

 

どこか相手を信じなければ「交渉」は始まらない。

重みのあるシェイクハンドできたとき、そして頭を下げる男たちの格好よさに惚れました!

男たちの潔(いさぎよ)い格好よさに感動する回となりました!

 

維新ドラマの道のご紹介

薩長同盟をふくめ、幕末の歴史はとにかく複雑でわかりにくいです。

鹿児島市の甲突川沿いにある「歴史ロード維新ドラマの道」では、歴史ドラマARを使用して、幕末の歴史をわかりやすく理解できます。

 

あらすじ&感想特集(まとめ)

第1話から感想レポートを地元目線で書いています。

西郷どん後追いレポートバナー

 

西郷隆盛特集

西郷どんの盛り上がっている鹿児島の観光スポットをご紹介!

 

大河ドラマ「西郷どん」観光コース

おススメの「西郷どん」観光コースを交通手段・地域ごとにまとめました!

西郷どん観光コース

 

豆知識☆ちょこっと鹿児島弁講座( ..)φメモメモ

今回も、薩摩弁を5つご紹介します♪

・「やっせん」⇒「ダメ!」

・「なんちな?」⇒「何だって?」

・「ちごち」⇒「違うってば」

・「おらぶ」⇒「叫ぶ」

・「ぬっかころい」⇒「暑くて死にそう(killing-me-hot)」

いかがでしたか?読み方としては、語尾を上げるのがポイントです。

次回も大河ドラマ「西郷どん」の劇中に登場するかもしれないし、しないかもしれない薩摩弁をご紹介しますので、楽しみにしていてくださいね!

Sponsored Link

関連記事

鹿児島観光ガイドについて

鹿児島観光ガイドにようこそ!

当ブログでは、鹿児島の魅力的な観光情報を国内外に発信しています。
私たちはショウ&ララと申します。生まれも育ちも生粋の鹿児島県人です。夫婦でのんびり楽しく更新しています。自然が見せる四季折々の変化、豊かな食材に彩られた料理、素朴で優しい人柄・・・、鹿児島は魅力でいっぱいです!このブログを読んで、あなたが少しでも鹿児島に興味を持ってくれたら幸せです。

毎日桜島を定点観測してます。今日の桜島の様子はこちらから♪
桜島チャンネル

鹿児島での旅行についてご相談があればメールをいただけるとうれしいです。
メールはこちら

鹿児島の天気

  • 今日

    曇り

    曇り

    31℃ / --℃

  • 明日

    晴れ

    晴れ

    28℃ / 20℃

  • --℃ / --℃

カテゴリー

関連記事