鹿児島へ旅行に行こう!

鴨池・垂水フェリー~鹿児島市と大隅半島の間の船旅~

垂水フェリー
Sponsored Link

薩摩半島から大隅半島へ渡るフェリーは3種類あります。

桜島へ渡る「桜島フェリー」、根占へ渡る「なんきゅうフェリー」、垂水市へ渡る「鴨池・垂水フェリー」の3種類です。

今回は垂水フェリーをご紹介します!

Sponsored Link

 

鴨池・垂水フェリーとは?

鹿児島市(鴨池港)と垂水港(垂水市)を結ぶフェリーです。

 

鹿児島県民の通勤手段として重要なフェリーです。

観光のときは、特に鹿児島市から大隅半島の南側エリアへ移動するときに利用すると便利ですよ!

 

鴨池・垂水フェリー所用時間

40~45分で到着できます。

15分で到着する桜島フェリーよりは、ゆったり船内でうどんを楽しむことができます。

 

鴨池・垂水フェリーの時刻表

1日25便が運航しています。

朝の5時ごろから、夜の10時ごろにかけて、たいたい30分おきに運行しています。

時刻表はこちら

 

鴨池・垂水フェリーの運賃(料金)表

鴨池・垂水フェリー運賃表

 

鴨池・垂水フェリー乗り場(鹿児島市)

鹿児島市側からは鹿児島県庁近くの鴨池港から乗船できます。

鴨池・垂水フェリーの運賃(料金)ですが、垂水港で下船後に支払います

こちらは鴨池フェリーターミナルです。

 鴨池フェリーターミナル

 

 

フェリーターミナルの待合室。

待合室

 

売店や自動販売機コーナーもあります。

垂水フェリーの売店

ちょうどフェリーが到着しました♪

垂水フェリー

鴨池港を出港

今回、私たちは車で乗船することにしました。いざ乗船!

垂水フェリーに乗船

 

出発したばかりのフェリーの上から見た、鴨池港のフェリーターミナルの様子。

鴨池フェリーターミナル

 

船内には、たくさんの車が入ってます!

垂水フェリーの車両

 

さっそく船内を歩いてみましょう。

垂水フェリー

デッキでは潮風が良い気持ち!

垂水フェリー

垂水フェリー

 

デッキからの眺め

桜島を間近から眺めることができます。

桜島

 

下の写真は沖小島(おこがしま)です。

薩英戦争(1863年)では砲台が設けられました。井上良馨が配置されました。

沖小島

 

桜島と沖小島の間には、小松帯刀の発案で水雷が設置されましたが、実際にはイギリス艦隊が通らなかったため水雷は活躍しなかったようです。

沖小島

 

客室の様子

垂水フェリーの客室

 

垂水フェリー名物「南海うどん」

桜島フェリーでもうどんを頂くことができますが、垂水フェリーのうどんはいったいどんな味でしょう?

垂水フェリーのうどん屋

 

こちらがメニュー表です。

メニュー

垂水フェリー

 

ドリンクはありますが、ミネラルウォーターをはじめ有料です。

垂水フェリーのドリンク

 

テーブル席がたくさんあって、ご家族連れはここでうどんを楽しんでいました!

垂水フェリー

 

外の眺めを楽しみながら、うどんを頂くことにしました!

垂水フェリー

 

夫は「よくばりトッピング」(750円)を注文しました。ボリュームあって美味しそう!

垂水フェリーのうどん

 

私は大盛きつねうどん(620円)を注文して、娘とシェアしました。^^

垂水フェリーのうどん

タレは甘いしょうゆの味がします。

垂水フェリー

麺はもっちりしていて美味しいです。少し脂っこさを感じるので、1杯で十分満足できるうどんでした。

 

鴨池・垂水フェリー乗り場(垂水市)

 

垂水港で下船後に運賃(料金)を支払います。

垂水フェリーターミナル

垂水フェリー

 

鴨池・垂水フェリーの情報

電話番号

  • 鴨池港:099-256-1761
  • 垂水港:0994-32-0001

ホームページ

鴨池・垂水フェリーのホームページ

運行コース

 

~ Read More ~
Sponsored Link

関連記事

鹿児島観光ブログについて

鹿児島観光ガイドブログにようこそ!

当ブログでは、鹿児島の魅力的な観光情報を国内外に発信しています。
夫婦でのんびり楽しく更新しています。妻(地球の歩き方トラベルリポーター)がメインの投稿を担当し、夫が翻訳を担当しています。
鹿児島の観光動画も作っています。チャンネルにご登録ください。

鹿児島観光チャンネル
鹿児島食べ物チャンネル
桜島チャンネル


メールはこちら

カテゴリー

関連記事

宿泊&レンタカー


宿泊(BOOK HOTEL)



レンタカー(RENT CAR)