鹿児島観光をディープに楽しみたい方へ!

与次郎ヶ浜の碑~鹿児島市与次郎~

鹿児島市与次郎という地域の歴史をご紹介します。

Sponsored Link

 

与次郎ヶ浜の由来

鹿児島市に与次郎ヶ浜という地域があります。

ここは江戸時代の天保年間(1830~1844年)は海岸でした。

平田与次郎という百姓が、ここに10万平方メートルにも及ぶ塩田を造ったことから、いつしか「与次郎ヶ浜」と呼ばれるようになりました。

 

平田与次郎は薩摩藩の命令によって、赤穂(兵庫県姫路市の近く)を視察し、その体験を活かして塩田の開発に取り組みました。

1865年(昭和40年)から埋立てられ、現在は鴨池運動公園や、鹿児島市民文化ホールなどができています。

与次郎が浜の碑

 

与次郎ヶ浜の碑

 

与次郎ヶ浜の碑の観光情報

地図

Sponsored Link

関連記事

鹿児島観光ガイドについて

鹿児島観光ガイドにようこそ!

当ブログでは、鹿児島の魅力的な観光情報を国内外に発信しています。
私たちはショウ&ララと申します。生まれも育ちも生粋の鹿児島県人です。夫婦でのんびり楽しく更新しています。自然が見せる四季折々の変化、豊かな食材に彩られた料理、素朴で優しい人柄・・・、鹿児島は魅力でいっぱいです!このブログを読んで、あなたが少しでも鹿児島に興味を持ってくれたら幸せです。

毎日桜島を定点観測してます。今日の桜島の様子はこちらから♪
桜島チャンネル

鹿児島での旅行についてご相談があればメールをいただけるとうれしいです。
メールはこちら

鹿児島の天気

  • 今日

    晴れ

    晴れ

    15℃ / --℃

  • 明日

    晴れ

    晴れ

    14℃ / 6℃

  • --℃ / --℃

カテゴリー

関連記事