鹿児島へ旅行に行こう!

平田靱負屋敷跡~美濃、伊勢、尾張の救世主~

鹿児島市平之町に平田靱負の屋敷跡があります。平田靱負(ゆきえ)は、木曽川治水工事の総奉行として大工事を指揮しました。平田靱負の功績をご紹介いたします。

Sponsored Link

生まれ

平田靱負は宝永元年(1704年)に鹿児島市平之町で生まれました。

31歳で家督を継ぎ、しばらくは江戸薩摩藩邸に勤めた後、地頭、大目付を経て、家老となりました。

 

宝暦治水工事

当時、琉球貿易で莫大な利益を上げていた薩摩藩は、江戸幕府にとって脅威の存在でした。

宝暦三年(1753年)、島津家第24代・島津重年(しげとし)は、幕府から木曽川、長良川、揖斐川の河川工事を命じられます。

大工などの専門職を一切雇わず、すべて自費で行うよう命じられられました。

薩摩藩は1,000人もの大部隊を現地に派遣します。

しかし、幕府役人の妨害、工事中の洪水、疫病の発生、人手不足、資金不足などで、工事は想像を絶するほどの過酷なものでした。

2年かけて、ようやく工事は完成しました。

平田総奉行は、たくさんの部下を死なせてしまったことと、工事費用が当初の予算を大幅に上回ってしまったことの責任をとり、宝暦五年(1755年)の工事完成翌日、美濃国大牧で自刃しました。51才の人生でした(病死説もあり)。毎年5月には岐阜県からの参加者を交えて慰霊祭が行われています。

Sponsored Link

辞世の句

住みなれし里もいまさら名残にて、立ちぞわずらふ美濃の大牧

現代語訳すると、「住み慣れた故郷(鹿児島)に帰ることなく、美濃の大牧であの世に逝くことが心残りで仕方ない。」といった意味でしょうか。

故郷の地を再び踏むことなく、望郷の念も捨てきれない・・・。

平田総奉行の強い無念を感じました。

 

平田靱負屋敷跡

平田靱負の屋敷があった場所は、現在は、閑静な住宅街の公園になっています。

平田公園

平田靱負屋敷跡

 

 

平田靱負の像

平田靱負の像

平田靱負の像

平田靱負の像

平田靱負の辞世の句が刻まれた石碑。

平田靱負の辞世の句

 

平田靱負

平田公園のあちこちには、岐阜から訪れた人が記念に植えた木があります。

 

平田靱負屋敷跡の観光情報

アクセス

  • 車…鹿児島中央駅から約10分。駐車場はないようなので、コインパーキングをご利用ください。
  • 徒歩…鹿児島中央駅から甲突川沿いを徒歩15分。
  • かごりん…大久保利通銅像前から約5分

住所

鹿児島市平之町

地図

 

関連記事

近くの観光スポット


~ Read More ~


宿泊(BOOK HOTEL)

レンタカー(RENT CAR)
Sponsored Link

関連記事

鹿児島観光ブログについて

鹿児島観光ガイドブログにようこそ!

当ブログでは、鹿児島の魅力的な観光情報を国内外に発信しています。
夫婦でのんびり楽しく更新しています。
鹿児島の観光動画も作っています。チャンネルにご登録ください。

鹿児島観光チャンネル
鹿児島食べ物チャンネル
桜島チャンネル


メールはこちら

カテゴリー

関連記事