無病息災のご利益!?「小鷹神社」鹿児島市下田町

スポンサーリンク

※地元・鹿児島県民の筆者がこの記事を書いています。

鹿児島市の「小鷹神社」のご紹介です。

住宅街にたたずむ小さな神社です。

無病息災や事業繁栄にご利益があるので、関心のある方は参拝してはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

アクセス&駐車場情報

九州自動車道「薩摩吉田IC」から車で約10分かかります。

小鷹神社は住宅街のなかに佇んでいます。運転して参拝する場合は、急な飛び出しなどにご注意ください。

第一の鳥居は車に乗ったまま通過できます。

小鷹神社(鹿児島市)

第一の鳥居をくぐると、広場にでるので、ここで車を停めます。

小鷹神社(鹿児島市)

 

手水舎

こちらで心と体を清めて参拝します。

小鷹神社(鹿児島市)

 

社殿

小鷹神社(鹿児島市)

地元の方々が大切に守ってこられているのが伝わってくる神社です。

薄暗い森をバックに凛(りん)と建っている姿が美しかったです。

 

祭神

伊邇色入彦之命(いにしきいりひこのみこと)

第11代垂仁天皇(すいにんてんのう)の皇子です。

特に弓や相撲が得意だったと伝えられています。

伊邇色入彦之命は全国各地を回って農地の開墾に努め、多くの民を救いました。

 

由緒

小鷹神社は1654年(江戸時代)に建てられました。

伊邇色入彦命は伊邇色神社(鹿児島市)で祭られていましたが、伊邇色神社から神様を招いて、この周辺の地(下田)を守る神様としたのが小鷹神社でした。

神社の由緒記によると、無病息災・家内安全・商売繁盛・事業繁栄などにご利益があるようです。

小鷹神社(鹿児島市)   

 

御朱印情報

社務所はありません。

 

小鷹神社の参拝情報

住所

〒892-0873 鹿児島県鹿児島市下田町

地図

 

周辺の観光スポット

関吉の疎水溝

鹿児島市の誇る世界遺産です。ぜひ一度訪れてみてください!

タイトルとURLをコピーしました