パワースポット「岳之神(たけんかん)」鹿児島県三島村硫黄島

スポンサーリンク

※地元・鹿児島県民の筆者がこの記事を書いています。

硫黄島のパワースポット「岳之神」のご紹介です。

厄除けのご利益があります。

硫黄島を観光するときに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

アクセス

岳之神は硫黄島の中央にあります。硫黄島港から歩いて25分くらいの場所です。

岳之神

荒々しく噴煙を上げる硫黄岳(標高703メートル)の手前に美しくそびえる稲村岳(標高263メートル)のふもとにあります。

稲村岳

 

岳之神とは?

1177年、平家打倒の陰謀を企てたとして俊寛・平康頼・藤原成経の3人が、硫黄島に島流しされました。

平康頼は信仰心の厚い人で、稲村岳の登山道入口だったこの場所に山の神様を招きました。

 

平康頼・藤原成経は後に許されて都に帰りましたが、なぜか俊寛だけは硫黄島に取り残され、そのまま一生を終えました。

硫黄島には俊寛が過ごしていた庵(いおり)の跡が残っています。

 

昭和の時代になると、硫黄岳の中腹にあった神様も移動し、岳之神で一緒に祭られるようになりました。

ここでは硫黄岳と稲村岳、それぞれの神様が祭られていることになります。

 

岳之神を参拝

硫黄島での旅の無事を祈って、岳之神を参拝しました。

 

岳の神

小さな祠(ほこら)が建っています。

岳の神 岳の神 

山の神様は厄除けのご利益があります。

硫黄島観光の際は、ぜひ参拝してみてください!

 

岳之神の参拝情報

地図

 

硫黄島観光地マップ

硫黄島でゆったりした島旅を楽しみませんか?

タイトルとURLをコピーしました