イルカも参拝?桜島のパワースポット「地方神社」鹿児島市桜島町

スポンサーリンク

※地元・鹿児島県民の筆者がこの記事を書いています。

鹿児島市桜島町にある「地方神社」の紹介です。

険しい桜島がバックにそびえる神社です。

 

スポンサーリンク

アクセス&駐車場情報

桜島フェリーターミナルから車で約11分かかります。

駐車場はないので車は路肩に停めることになります。

 

鳥居

歴史を感じる石造りの鳥居です。

地方神社

老朽化のためか鉄棒で補強されていました。

地方神社

きっと歴史的価値のあるものなので、早く元通り修復されるといいですね。

 

社殿

社殿は桜島のちょうど北側に位置しています。

地方神社

桜島の姿がすぐ近くに迫っていて、かなり迫力があります!

地方神社

現在の社殿は1972年(昭和47年)に建てられました。

地方神社

以前は石造りの社殿でしたが、老朽化が激しかったため、建て替えられたようです。

地方神社

地方神社

社殿からは錦江湾の美しい光景が広がっています。

地方神社

地方神社の社殿の前では、イルカたちも一礼して泳いでいくと伝えらています。

動物からも崇拝されているというのがユニークで興味深いですね。

 

祭神:月読命(ツキヨミノミコト)

イザナギという最初の夫婦の神様から、アマテラス、ツキヨミ、スサノオという神様が生まれました。

太陽の神アマテラスは、月の神ツキヨミの姉にあたり、天界でいちばん偉い神様です。

ある日ツキヨミはアマテラスの命令で、保食神(ウケモチノカミ)に会いにいきました。

喜んだ保食神は口から様々な食べものを吐き出し、ツキヨミをもてなそうとしましたが・・・。

ツキヨミは「吐いた物を食べさせるとは汚らわしい!」と怒って保食神を切り殺してしまいます。

 

アマテラスは怒り、ツキヨミとは不仲になってしまいました・・・。

この事件をきっかけに、昼と夜が分かれたと伝えられています。

ツキヨミは交通安全・縁結びなどの神様として有名です。

 

ツキヨミは桜島で生まれたとされ、桜島フェリーターミナル近くの「月読神社」でも祭られています。

 

歴史

地方神社の歴史は室町時代(1336 – 1573年)までさかのぼります。

地方神社

 

御朱印情報

社務所はありません。

 

地方神社の参拝情報

住所

鹿児島市桜島藤野町128

地図

タイトルとURLをコピーしました