古事記ファンはぜひご訪問を!『笠沙宮跡』南さつま市坊津

スポンサーリンク

※地元・鹿児島県民の筆者がこの記事を書いています。

笠沙恵比寿から枕崎へ海岸沿いをドライブしていると、何かの史跡らしきものを発見しました!

入ってみようとしましたが・・・?

スポンサーリンク

坊津にて

一見、なんの変りもない森ですが・・・。

笠沙宮跡

 

んん?よく見ると、史跡の入口らしい看板があります!

いったい何の史跡でしょう?小道がこの森のなかへ続いていくようです・・・。

笠沙宮跡

 

入口には「笠沙宮跡案内図」という看板がありました。

笠沙宮跡

 

看板の説明によると、初代天皇の曾祖父にあたるニニギノミコトが、日本を統治するために天から地上に降臨した後、この場所にやってきて宮居を構えていたようです。

つまり、日本で最初の都がここにあったということになりますね!

笠沙宮跡

さっそくどんな様子なのか、中に入ってみようとしました。

しかし、道の上に枯木が何本も倒れていたり、たくさんクモの巣があったりして、とても中に進める状況ではなかったです。

残念!

ぜひ次は登山グッズを用意して、内部を探検しようと決心しました。(”◇”)ゞ

 

笠沙宮跡の観光情報

アクセス・地図

タイトルとURLをコピーしました