神秘の秘境!曽木発電所遺構展望公園@鹿児島市伊佐市

スポンサーリンク

※地元・鹿児島県民の筆者がこの記事を書いています。

鹿児島県伊佐市の曽木発電所遺構展望公園のご紹介です。

ダムに水没した発電所遺構が、まるで中世ヨーロッパのお城のように美しいです。

あなたも神秘の秘境を、その目で見てみませんか?

スポンサーリンク

アクセス&駐車場

曽木の滝公園から歩いて20分程、車だと5分程で到着します。

無料駐車場あり(20台)。

 

おすすめの時期

普段、発電所遺構はダムに沈んでいますが、5月~9月は水が少ないので、遺構全体が水面から顔を出します。

私は水量の多い11月に撮影しましたが、水に沈んでいる様子も味わい深いです。

また、秋の時期に来ると周辺の紅葉が綺麗ですよ。^^

水位は時期や天気によって変化するので、お出かけ前に水位を確認していくことをおすすめします。

鶴田ダム管理所

 

遺構公園を散策!

駐車場に車をとめて、200メートルほど歩きます。

曽木発電所跡

駐車場からすぐの場所にある庭では、ヨモギなどいろいろなハーブが栽培されています。

 

マイナスイオンいっぱいの森の遊歩道を進んでいきます。

雨の日は道がぬかるんでいるので注意してくださいね。^^

曽木発電所遺構

秋は紅葉が美しいですよ!^^

曽木発電所遺構

こちらが展望所です。ここから発電所の遺構を見ることができます!

曽木発電所遺構

 

湖の中に建物が浮かんでいます!(写真は11月末に撮影)

曽木発電所遺構

 

外壁だけが残っていますが、中世ヨーロッパの教会や古城を連想させるロマンチックな光景です。^^

曽木発電所遺構

 

ジブリの「思い出のマーニー」みたい!?

夏にはこのような姿になります。

曽木発電所遺構

むむ、この感じはどこかで見たことあるような?

ジブリ作品「思い出のマーニー」のお家に雰囲気が似ています!

 

歴史

曽木発電所遺構は1909年(明治42年)に建設された水力発電所跡です。

曽木の滝の1.5キロ下流にあり、近くの金山に電気を供給するために曽木の滝の落差を利用して発電を行っていました。

当時としては最大級の発電所でしたが、下流に鶴田ダムが完成すると、1965年(昭和40年)には水没。

今でも外壁が残り、私たちの目を楽しませてくれます。

このような貴重な文化遺産が、いつまでも残ってほしいと思います。

 

曽木発電所遺構の観光情報

料金

無料

住所

鹿児島県伊佐市 大口宮人

地図

 

近くのランチスポット

なりざわ

曽木の滝公園内にある和食屋さんです。鯉料理と釜飯がおすすめ♪

コッコネロ

遺構から車で30分ほどかかりますが、おすすめのカフェ食堂です♪

 

近くの観光スポット

曽木の滝

別名「東洋のナイアガラ」とも呼ばれる大迫力の滝です!

タイトルとURLをコピーしました