桜島の雪化粧と「けあらし」~鹿児島の冬では珍しい記録的積雪~

スポンサーリンク

※地元・鹿児島県民の筆者がこの記事を書いています。

This post is also available in: English

平成28日1月25日。普段は暖かいはずの鹿児島に雪がシンシンと降り積もりました。

スポンサーリンク

桜島の雪景色

1月26日に撮影した珍しい桜島の雪景色です。この日、鹿児島市内では12センチもの雪が積もり、奄美では115年ぶりに雪が観測されました。外は真っ白な雪景色!気温はマイナス3度。鹿児島でこんな寒い思いするなんて夢にも思いませんでした。外に出ると、まるで耳がちぎれるように寒い(泣)。いつものように通勤途中に桜島の様子を撮影した動画ですが、雪をまとった桜島は、まさに感動的です!

 

鹿児島湾の「けあらし」現象

動画をよく見ていただくとわかるのですが、鹿児島湾に霧のような湯気が立ち上っています。これは「けあらし」(毛嵐)という冬の日本海で見られる現象です(ちなみに北海道の方言です)。下の動画は、翌日(26日)の桜島の冠雪の様子です。曇りが頂上から蒸気がたなびいています。まるで噴火しているように桜島がカッコよくみえます!

 

垂水フェリーターミナルから撮影

こちらは平成27年1月に観測した桜島の冠雪の様子です。アフリカのキリマンジャロみたいですね。

鹿児島では例年ほとんど雪が降らないので、雪が降るとみんな大喜びです。あちこちで雪だるまができます。^^

タイトルとURLをコピーしました