鹿児島観光をディープに楽しみたい方へ!

龍門司坂(たつもんじざか)~大河ドラマ「西郷どん」ロケ地!西南戦争へ向かった道~

龍門司坂は、鹿児島県姶良市にある国指定の史跡です。

薩摩藩の時代に街道「大口筋」の一部として使用されていました。

西南戦争(1877年)で西郷隆盛の率いる薩軍が使用したことで有名ですが、歴代の大河ドラマ「西郷どん」などのロケ地としても有名ですよ。^^

Sponsored Link

龍門司坂の歴史

龍門司坂は、寛永12年(1635年)、この辺りを支配していた加治木島津家によって建設がはじめられ、その約100年後に完成しました。

石は隣の樋ノ迫山から切り出されたと伝えられ、石切り場には第24代当主・島津重年の祠(ほこら)が残されています。

 

江戸時代の間、龍門司坂は人々・物流・情報・技術が往来する場所として、とても重要な役割を果たしました。

明治10年(1877年)2月、西郷隆盛の率いる薩軍(総勢6千人)は、大勢の人々に見送られて、この龍門司坂を歩き、熊本へ向かっていきました。

度重なる敗戦を重ね、西郷たちが鹿児島に戻ってきたとき、この道を歩いて戦地に向かった戦士たちのほとんどは、ふるさとに戻ることはありませんでした・・・。

 

1996年(平成8年)文化庁が「歴史の道百選」に選定しました。

 

龍門司坂に到着!

龍門司坂は、鹿児島県姶良市にあります。九州自動車道を降りて、車で約5分ほどの場所にあります。

あいにくの雨天でしたが、近くの無料駐車場に車をとめて、歩いてみることにしました!

龍門司坂の駐車場

写真のすぐ左奥に龍門司坂への入口があります。

 

龍門司坂を歩いてみよう!

こちらが龍門司坂の入り口です。

龍門司坂

もともと龍門司坂は、1500メートルほどの長さがありましたが、長さは現在は486メートル残っています。

足場が悪いためか、無料で杖が貸し出されています。

龍門司坂の杖 

薩軍の行進をイメージしながら、龍門司坂を少し歩いてみることにしました。

すぐ隣りには民家があります。

龍門司坂

「明治維新をやり直そう!」

そんな強い意志を抱いて、薩軍の兵士たちは歩いたのでしょうか・・・。

 

苔むした情緒ある石畳が、竹と杉の林のなかに続いています。まるで昔にタイムスリップしたような感覚になります!

龍門司坂

私が龍門司坂にきたときは、小雨が降っていたため、地面が濡れていました。石畳がツルツルしてすべりやすく、とても危なかったです。

石畳のデコボコも激しいので、足をくじいたりしないように、龍門司坂を歩くときは、動きやすい運動靴できたほうがいいですよ

龍門司坂

森の中に入ると、けっこう急な坂が続きます。

西郷さんたちも、同じ道を歩いたかと思うと、彼らの体力を尊敬してしまいました。 龍門司坂

運動不足で息があがってしまったため、私は100メートルくらいしか歩きませんでした。情けない・・・。

ぜひ天気の良い日に、また龍門司坂に来て歩いてみたいです。^^

 

NHK大河ドラマのロケ地

今まで龍門司坂は、いくつかの大河ドラマのロケ地としても使用されています。

  • 翔ぶが如く(1990年)
  • 篤姫(2008年)
  • 龍馬伝(2010年)
  • 西郷どん(2018年)

 

龍門司坂の観光情報

アクセス

  • 車…九州自動車道(加治木IC)から車で約5分。鹿児島市内から車で約45分。
  • JR…JR加治木駅から徒歩約20分

駐車場

入り口の道路向かい側に、龍門滝の無料駐車場あり。

住所

姶良市加治木町木田5088-1

地図

 

近くの観光スポット

 

関連記事

Sponsored Link

関連記事

鹿児島観光ガイドについて

鹿児島観光ガイドにようこそ!

当ブログでは、鹿児島の魅力的な観光情報を国内外に発信しています。
私たちはショウ&ララと申します。生まれも育ちも生粋の鹿児島県人です。夫婦でのんびり楽しく更新しています。変化に富んだ自然が見せる四季折々の変化、豊かな食材に彩られた料理、素朴で優しい人柄・・・、鹿児島は魅力でいっぱいです!このブログを読んで、あなたが少しでも鹿児島に興味を持ってくれたら幸せです。

毎日桜島を定点観測してます。今日の桜島の様子はこちらから♪
桜島チャンネル

鹿児島での旅行についてご相談があればメールをいただけるとうれしいです。
メールはこちら

カテゴリー

関連記事