鹿児島へ旅行に行こう!

ヘルシーランドたまて箱温泉~3年連続全国1位の日帰り温泉!大海原を楽しめる絶景露天風呂!~(鹿児島県指宿市)

2016.11.07

実家に帰省すたびによく入浴する温泉のご紹介です。世界最大級の旅行口コミサイト「トリップバイザー」の「2016 日帰り温泉&スパ部門」で全国1位に輝いた温泉です。指宿方面に旅行にきたときは、ぜひお立ち寄りください。

Sponsored Link

たまて箱温泉に到着

雲一つない秋晴れの休日に、一人でフラッと行ってきました。

たまて箱温泉の入口

たまて箱温泉の入口です。

たまて箱温泉

たまて箱温泉の近くにそびえる山は「竹山」といいます。

昔は山伏(修行僧)の修行の場所として有名でした。

たまて箱温泉の入口

まず入口の券売機で入浴チケットを購入します。

大人は510円(子どもは260円)です。購入したらチケットを受付に渡しましょう。

タオルを持参していない人は、ここで購入することもできます。

ヘルシーランドたまて箱温泉の受付

 

いざ露天風呂へ

温泉は和風露天風呂(開聞岳側・西側)と洋風露天風呂(竹山側・東側)があります。

毎日、男女交互に入浴する温泉が入れ替わります。

私のオススメは開聞岳側の和風露天風呂です。男性は偶数日、女性は奇数日に入浴できます。

男湯の入口

受付の建物から歩いて10mくらいに露天風呂があります。

男湯の建物

靴のロッカー

まず靴を開いているロッカーに入れましょう。

 

露天風呂の設備

ロッカー完備です。ドライヤーもあります。

シャンプー、ボディソープ、リンスも備え付けで置いてあります。ありがたいです。

ただし、タオルは持ち込みか、受付で買わないといけませんので、ご注意を。

 

これぞ鹿児島の誇るインフィニティ露天風呂!!

露天風呂の扉を開けると、大パノラマの絶景が目の前に広がります!

景色を確認して、ふーっと深呼吸をしたら、

はやく湯船につかりたい気持ちを抑えて、かかり湯を浴びます。

 

source: ibusuki.or.jp

 

うっとりします・・・。

薩摩富士と名前でしられる「開聞岳」(標高924メートル)が遠くに見えます。

青い空がお湯に映り、お湯が東シナ海の水平線まで広がっているような感覚になります。

 

ぬるめのお湯で物足りないお客さん(特に高齢の方)がよく楽しんでいます。

 

私は個人的にはぬるめのお湯が好きなので、高温湯ではなく広いほうの露天風呂に浸かりました。

日常の忙しさを忘れて、波の音を聞きながら、心地よいお湯に体を浸す・・・。

 

心が青く澄んだ空に溶けていくような、開放感が味わえます。

この景色を見ていると、いつまでもお風呂に浸かっていられそうです。

これぞまさに幸せといった感じがします。

 

この日は定年退職をして全国を旅しているという入浴客の方と一緒になり、一緒に会話を楽しみながら温泉を楽しみました。

この開放的な空間にいると、いつの間にか初めて会う他人と打ち解けてしまえます。

 

 

休憩室の様子

温泉から上がったら、美味しいジュースを飲んで休憩するのもいいですね。

自動販売機

指宿の名産品のお土産も売られています。

売店  ヘルシーランドたまて箱温泉のお土産品

 

温泉の効能

神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動まひ、疲労回復、健康増進などに効果があります。

お湯はわりとぬるめなので、景色を楽しみながら長い時間楽しむことができます

この日も、体が一日中ポカポカして、夜になっても寒さをあまり感じませんでした。

 

温泉の観光情報

アクセス

鹿児島市から国道226号線を南下し、JR山川駅から車で約10分。無料駐車場あり。

営業時間

09:30-19:30(露天風呂)

定休日

毎週火曜日(祝・祭日の場合は翌日)

電話

0993-35-3577(露天風呂)

住所

指宿市山川福元3292

地図

 

近くの観光スポット

 

近くのランチスポット


~ Read More ~


宿泊(BOOK HOTEL)

レンタカー(RENT CAR)
Sponsored Link

関連記事

鹿児島観光ブログについて

鹿児島観光ガイドブログにようこそ!

当ブログでは、鹿児島の魅力的な観光情報を国内外に発信しています。
夫婦でのんびり楽しく更新しています。
鹿児島の観光動画も作っています。チャンネルにご登録ください。

鹿児島観光チャンネル
鹿児島食べ物チャンネル
桜島チャンネル


メールはこちら

関連記事