鹿児島へ旅行に行こう!

西郷隆盛率いる薩軍の最後の本営地・薩軍本営跡

西南戦争(1877年)の最後の戦いが鹿児島市の城山で起こりました。西郷隆盛率いる薩軍が本営を置いていた場所とはどのような場所だったのでしょうか。さっそく訪ねてみました。

Sponsored Link

 

城山展望台駐車場に到着

城山展望台の駐車場に車を停めて、お土産屋さんの通りをまっすぐ奥へ進みます。

城山展望台へはカゴシマシティビューバスを利用して行くこともできます。

城山展望台駐車場

 

この階段を上っていきます。

城山展望台の階段

 

城山ドン広場

城山展望台の駐車場から階段を上ると、「城山ドン広場」という場所に出ます。

 

昔、鹿児島市役所の職員が、この広場で正午キッカリに時報代わりの空砲を鳴らしていました。

空砲の「ドン!」という音にちなんで名づけられた広場です。

この時報代わりの空砲は、昭和12年まで使われていたようです。

 

今では広々とした公園になっています。

私が訪れたときは、あいにく雨が降って地面がぬかるんでいました。(泣)

城山ドン広場 

 

さらに奥に向かって歩いていくと、雑木林へと続く舗装されていない小道があります。

この上が薩軍本陣跡です。

雨の日は足元滑りやすいので、ご注意ください。

 

この先の小さな広場が薩軍本陣跡です。

 

 

薩軍本営跡

西郷隆盛率いる薩軍は1877年9月1日に故郷の鹿児島に帰ってきました。

そして、城山に籠り、西南戦争の最後の戦いが始まりました。

9月24日に西郷隆盛が自決して戦争が終結するまで、ここに薩軍の本営が置かれていました。

薩軍本陣跡

 

古い貯水槽の横に、本営跡の石碑が残っています。

 

石碑には「明治十年戦役薩軍本営跡」と書かれています。

城山を包囲する官軍は7万人、それに対して薩軍はわずか372人。

絶望的な戦況のなか、ここで、西郷隆盛たちはどのような表情で、どのような軍議をしていたのでしょうか。

 

梅雨の雨で石碑が濡れていて、まるで西郷隆盛たちの死を悼み、静かに泣いているような気がしました。

 

※城山の戦いのとき、官軍の本営地は鹿児島市役所跡に置かれていました。(記事はこちら

 

薩軍本陣跡の情報

アクセス

カゴシマシティビューを「城山公園展望台」にて下車。城山展望台の駐車場から歩いて約5分。

地図

 

近くの観光スポット

西郷隆盛が最後の5日間を過ごしたという城山の洞窟

 

関連記事


~ Read More ~


宿泊(BOOK HOTEL)



レンタカー(RENT CAR)
Sponsored Link

関連記事

鹿児島観光ブログについて

鹿児島観光ガイドブログにようこそ!

当ブログでは、鹿児島の魅力的な観光情報を国内外に発信しています。
夫婦でのんびり楽しく更新しています。
鹿児島の観光動画も作っています。チャンネルにご登録ください。

鹿児島観光チャンネル
鹿児島食べ物チャンネル
桜島チャンネル


メールはこちら

カテゴリー

関連記事